日本からの支援物資の象徴になった言葉

「中国人との付き合い方」を伝授するノウハウ本が溢れかえる中、中国人の心を本当に動かしたのは、1000年以上も前に詠まれた一編の「漢詩」でした。中国がまさに困難と闘っている時、日本は物質的援助だけでなく、心からのエールとしてこの漢詩を送ったのです。そこには、日本と中国の1300年前と変わらぬ友情がありました。「山川異域、風月同天」。今やこの漢詩は、続々と届けられる援助物資の象徴となっています。
ナレーション切替:

正当中国举国上下为抗击新冠肺炎努力之际,不少国家和地区,都向中国表达了善意和支持。尤为值得一提的是我们邻国日本。几天以来,日本社会对中国“战疫”的支持性言行,传到了国内,在中国社会引起很多感动。

学習版(スロー)
アナウンス版

中国が国をあげて新型コロナウイルスに立ち向かうため頑張っているところに、多くの国と地域が中国に善意とサポートを表明した。とりわけ言及に値するのが、隣国の日本である。数日来、中国の「疫病との戦い」に対する日本社会の支援的な言行が中国国内に広まり、中国社会で多くの感動を呼んでいる。

昨天上了微博热搜的一则消息:日本汉语水平考试HSK事务所捐赠给湖北高校一批应急物资,包括两万只口罩和一批温度计。在包装盒的外面,HSK用加粗的字体写着:加油!中国。而在下方,则有一行小字:山川异域,风月同天。

学習版(スロー)
アナウンス版

昨日、微博にひとつの人気検索ワードが上がった。日本漢語水平孝試(HSK)事務局が湖北大学にマスク2万枚と体温計を含む緊急物資を寄付した。段ボールの外側にHSK事務局は太字で「加油!中国(がんばれ!中国)」と書き、そして下方には、「山川異域、風月同天」という1行の小さな文字・・・。

这句话来源于1300多年前中日友好交往的一段佳话。根据记载鉴真事迹的历史典籍《东征传》,公元八世纪,日本长屋亲王曾在赠送大唐的千件袈裟上,绣上十六字偈语:山川异域,风月同天,寄诸佛子,共结来缘。鉴真大师被此偈打动,由此六次东渡日本,弘扬佛法,成为中日文化交流史上最具标志性的伟大事迹之一。

学習版(スロー)
アナウンス版

この言葉は1300年以上前の日中友好交流の美談に由来する。鑑真の功績を記した歴史的典籍「東征伝」によると、紀元8世紀、日本の長屋王が唐に贈呈した千着の袈裟の上に16文字の詩「山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁(山川、域を異にすれども、風月、天を同じうす、諸の仏子に寄せて、ともに来縁を結ばん)」と刺繍したのだ。鑑真和上はこの詩に心動かされて6度にわたり日本にやってきて、仏の教えを世間に広めることは日中文化交流史上最も象徴的な偉大な功績のひとつとなったのだ。

1300多年后,在中国遭遇疫病侵袭的危急时刻,日本友人用这样的方式,表达对中国人民的物质上的援助与精神上的祝福。

学習版(スロー)
アナウンス版

1300年以上がたち、中国が疫病襲来に遭遇し一刻を争っている時、日本の人々はこのような方法を用いて中国国民に対する物質的援助と精神的サポ-トを示したのである。