韋昭

分類:三国志
wéi zhāo
韦昭
画数:0 マイ単語帳にいれる
【名詞】 韋昭
韋昭(?~273)
  史書では韋曜と書く。字は弘嗣。呉郡雲陽の人。若い頃から学問を好んだ。丞相府掾・西安県令・尚書郎を経て太子中庶子に上った。太子の孫和に仕えて、文章を作った。孫和が廃されると黄門侍郎となった。孫亮が即位すると諸葛恪に推挙されて太史令に上り、『呉書』の撰述にあたった。孫休が即位すると中書郎・博士祭酒に任ぜられた。孫晧が即位すると、高陵県侯に封ぜられ、中書僕射に上り、侍中に任ぜられた。孫晧に憎まれて捕縛された。獄中から上書し、華覈らが救おうとしたが、孫晧は聞き入れなかったため、処刑されて、家族は零陵に流された。『国語注』。