黄皓

分類:三国志
huáng hào
黄皓
画数:0 マイ単語帳にいれる
【代名詞】 黄皓
黄皓(?~?)
  宦官として蜀漢に仕えた。後主(劉禅)の深い信任を受けた。尚書令董允としばしば対立し、董允が生きている間は、黄門丞の位にとどまった。陳祇が董允に代わって侍中となると、陳祇と結託して政務に関与するようになった。中常侍・奉車都尉に累進した。景燿五年(262)、大将軍姜維を廃して、代わりに閻宇を立てようと画策した。姜維は後主に訴えて黄皓を処刑するよう請願したが、聞き入れられなかったため、姜維は成都に帰還しなくなった。翌年、陽安関と陰平橋頭を固めて魏の侵攻に備えるよう姜維が後主に上表したとき、黄皓は鬼巫の言葉を借りて姜維の言を取りあげないよう後主に勧めたが、群臣はこのことを知らなかった。はたして魏軍は姜維の懸念した道を通って蜀に侵入した。魏の鄧艾が成都に入ったとき、捕らえられて処刑されそうになったが、鄧艾の側近に厚く賄賂して免れた。