店員に「○○を入れないで!」

皆さんは香菜(パクチ-)はお好きですか?日本では今、空前の“パクチーブーム”ですが、どうやら好き嫌いがはっきり分かれる食材のようですね。中国ではスーパーでとても安く手に入ります。またレストランで料理に入って出てくることも多いです。「香菜が入っていると料理が香菜風味になってしまうから抜いてほしい。」そんな時、中国語でどうやって伝えればいいのでしょう。今日は簡単なオーダー方法を短いフレーズで覚えましょう。
目次
1.「ピクルスは抜いてください」を中国語でなんという?
2.教材では教えてくれない超短文
3.しつこいセールスを撃退するセリフ「不要!」
4.豆知識:中国の「快餐」事情
5.ミニテスト(HSK風簡単な模擬テスト)
「ピクルスは抜いてください」を中国語でなんという?
日本でもお馴染みのファーストフード店「赛百味(サブウェイ)」は、現在中国に500店舗を構え、今後5年間で倍増する計画だそうです。目の前でサンドイッチを作ってもらいながら、嫌いなピクルスを抜いてもらうにはどうすればいいでしょう?
ピクルスは抜いてください
yào
不要
pàocài!
泡菜!
どうですか?簡単ですね?香菜を抜いてほしいときは、「不要香菜」と言います。
教材では教えてくれない超短文
また「把構文」の登場です。しかも「把構文」の否定形。語順を思い出しているうちにピクルスをいれられてしまいそう!

そんなとき中国語の教材のフレーズであれば――「どうか、ピクルスをサンドイッチの中に入れないでください」
どうか、ピクルスをサンドイッチの中に入れないでください。
qǐng
nín
yào
不要
pàocài
泡菜
fàngzài
放在
sānmíngzhì
三明治
lǐ。
里。
みなさんの手元にある教材では上記のようになっているはず。
しかし、実際の会話でこんなに長々と話すことはありません。

実際の会話は、「ピクルスは抜いてください」、これだけで通じてしまうのです。
しつこいセールスを撃退するセリフ「不要!」
「不要」は「~してはいけない」「~するな」という意味です。

ドラマでよく聞くセリフをご紹介します。

(君は)僕を愛してはいけない。
yào
不要
ài
wǒ。
我。
ちょっと中国語で言ってみたいセリフですね。

このように「不要 + 動詞」で禁止、制止の意味になりますが、“街でしつこく物を売りつけてくる人”には、下のセリフを叫んでやりましょう。彼はもう近づいてこないはずです。

いらない!
yào!
不要!
このように、「不要」は単独でも使える言葉です。
「不要」と混合しやすい言葉に「不用」があります。「不用」は、「必要ありません、結構です」というニュアンスで、遠慮する時などに使います。
相手があまりにしつこい時は「不要!」のほうがいいですね。
豆知識:中国の「快餐」事情
中国に行ったら中華料理を食べたいところですが、レストランは1品の量が多いので1人では食べきれません。そんなとき便利なのが快餐です。今回は中国でメジャーな快餐を2つご紹介します。まずは豆浆(豆乳)がおいしく朝食にお勧めな「永和大王」。豆乳とお粥、中国式揚げパン、肉まんなど、セットメニューも豊富で迷ってしまいます。もちろん昼、夜のセットもありますよ。
もう一つはブルースリーがトレードマークの「真功夫」。広東地方発祥で「薬膳スープ」が売りですが、このスープ、ちょっと漢方くさくて値段も高め。スープなしで注文すれば、リーズナブルに中華ランチを食べることができます。また、麦当劳,肯德基にも「中国ならでは」のオリジナルメニューがあるので、食事に困ったらぜひ快餐を利用してみましょう。
kuài cān
快餐
ファースト・フード
マイ単語帳にいれる
mài dāng láo
麦当劳
マクドナルド
マイ単語帳にいれる
kěn dé jī
肯德基
ケンタッキー
マイ単語帳にいれる
ミニテスト(HSK風簡単な模擬テスト)
文章を聞いて、その内容に合っている図を選んでください。
正解のご確認は、右側のボタンをクリックしてください。
第一問
 
A
B
C
第二問
 
A
B
C