魔法の言葉?「君ならできる!」

あなたが中国で仕事(勉強)をしていて中国人上司(教師)からこんなメールを受け取ったとします。
「君が作った資料の出来栄えはとても素晴しい。ただし・・・・・」
このメールを見てあなたは喜びますか?
実は喜んではダメなのです。面子を重んじる中国人、日本人のように頭ごなしに
欠点を指摘せず、まずは“褒めて”から、「ただし・・・」と本題に入るのです。
そして「ただし」の後に書いてあることだけが、彼が本当に言いたいことなのです。
例えば中国語の宿題の添削で、中国人の先生が延々と書いてくれた褒め言葉に浮かれることなく、「就是(ただし)」のあとに書いてあることをしっかりと読みましょう。
目次
1.「君ならできる!」を中国語でなんという?
2.教材では教えてくれない超短文
3.強く肯定したいときの「的」
4.豆知識 「铁饭碗」ってなんだ?
5.ミニテスト(HSK風簡単な模擬テスト)
「君ならできる!」を中国語でなんという?
あなたの部下には中国人スタッフがいます。彼女に少し難しい仕事を頼みたいとき、こんな風に言ってみてはいかがでしょう。
褒められることが好きな中国人、きっと張り切って取り組んでくれるはず・・・?
君ならできる!
xíng
de!
的!
教材では教えてくれない超短文
実はこのフレーズ、「日本人の部下をやる気にさせるマジックワード」なのだそうです。
中国人にも使えるでしょうか?
そんなとき中国語の教材のフレーズであれば――「もしも君だったら、できる!」
もしも君だったら、できる!
guǒ
如果
shì
de
huà,
话,
néngxíng!
能行!
みなさんの手元にある教材では上記のようになっているはず。
しかし、実際の会話でこんなに長々と話すことはありません。

実際の会話は、「君ならできる!」、これだけで通じてしまうのです。

ここで使われている「行」は、「能力がある・優れている」という意味ですが、「行」には他にも色々な用法があります。
例えば「○○していい?」と許可を求められたとき、「行!」(いいですよ)と答えたり、「我快不行了~(僕もうだめ~)」などと、冗談ぽく使うこともできます。
強く肯定したいときの「的」
みなさんが一番はじめに勉強するのは「我的~」のような、所有を表す「的」ですね。
しかし今回のフレーズの最後についている「的」は、<~なのだ>と“強い肯定”を表す用法です。
実は「的」をつけなくとも意味は通じるのですが、つけたほうがより強調することができるのです。


友達が「100%泣ける」と評判の映画を見に行くそうです。そんな時こう言ってみましょう

君は絶対に泣くよ!
kěndìng
肯定
de!
的!
「あなたは日本人ですか?」と尋ねられたら・・・

そうです!
shìde!
是的!
豆知識 「铁饭碗」ってなんだ?
「饭碗」はその名の通り“お茶碗”ですが、そのほか比喩的に、「飯のタネ、職業」という意味でも使われます。それでは、「铁饭碗」はどんな意味になると思いますか?
答えは「生涯食いっぱぐれのない職業」です。例えば、医者,公務員、教師などが「铁饭碗」と言われます
また、白领の中には日本人より簡単に跳槽を繰り返す人も多く、ある最新調査によると2000名に対し行ったアンケートのうち64.6%もの人が「転職を考えている」と回答しているほどです。「いまの若者は会社に対する忠誠心が低い」という指摘される一方、「より高い給料を求め、新しく視野を広げ、様々な能力を身につけることができる」と跳槽を好意的に見ている中国人も少なからず存在します。そういえば友人も、毎年恒例行事のように簡単に職場を変えていたものです。
bái lǐng
白领
ホワイトカラー
マイ単語帳にいれる
tiě fàn wǎn
铁饭碗
親方日の丸的な職業(鉄の碗のように固い)
マイ単語帳にいれる
tiào cáo
跳槽
転職
マイ単語帳にいれる
ミニテスト(HSK風簡単な模擬テスト)
文章を聞いて、その内容に合っている図を選んでください。
正解のご確認は、右側のボタンをクリックしてください。
第一問
 
A
B
C
第二問
 
A
B
C