中国語検定について

中国語検定とは

一般財団法人 日本中国語検定協会が実施している、中国語の検定試験です。中国語に関する能力を準4級から1級までの6段階で判定する資格で、学習~6ヶ月ほどから中国語全般にわたる高度な運用能力を必要とするレベルで合格できるものまで様々です。

受験資格

国籍、年齢、学歴等に関係なく受験できます。

第71回(6月)試験から次の事項が変更されます

(1) 試験時間割が下記表の通り変更されます。
集合時間までに入室していない場合は遅刻となります。

(2) 準4級の認定基準が変更されます。
合格基準点に達していてもリスニング試験を受けていないと不合格となります。

級別 出題 合格
基準
集合
時間
解答
時間
準4級 リスニング(選択)
筆記(選択・記述)
60点
60点
10:00 60分
4級 リスニング(選択)
筆記(選択・記述)
60点
60点
13:30 100分
3級 リスニング(選択)
筆記(選択・記述)
65点
65点
10:00 100分
2級 リスニング(選択)
筆記(選択・記述)
70点
70点
13:30 120分
準1級 リスニング(選択・記述)
筆記(選択・記述)
75点
75点
10:00 120分
1級
(11月)
リスニング(選択・記述)
筆記(選択・記述)
85点
85点
13:30 120分

※ 集合時間までに入室していない場合は,遅刻となります。
※ 試験は,リスニング・筆記の順に行います。集合時間からリスニング試験終了まで入室することはできません。遅刻した場合,リスニング試験は受けられません。リスニング試験終了直後,係員の指示に従って入室し,筆記試験を受けることができます。これ以降は受験することができません。

(4級~1級は,リスニング・筆記ともに合格基準点に達していないと合格できません。準4級は合格基準点に達していてもリスニング試験を受けていないと不合格となります。)

70回の試験時間と準4級の認定基準は従来通りです。

級別の出題 、合格基準、試験時間と受験料

級別 出題 合格基準 満点 試験時間 受験料
準4級 リスニング(選択)
筆記  (選択・記述)
60点 100点 午前
10:00~11:00
3,000円
4級 リスニング(選択)
筆記  (選択・記述)
60点
60点
100点
100点
午後
1:40~3:20
3,650円
3級 リスニング(選択)
筆記  (選択・記述)
65点
65点
100点
100点
午前
10:00~11:40
4,700円
2級 リスニング(選択)
筆記  (選択・記述)
70点
70点
100点
100点
午後
1:40~3:40
6,800円
(「更新」3,500円)
準1級 リスニング(選択・記述)
筆記  (選択・記述)
75点
75点
100点
100点
午前
10:00~12:00
7,500円
(「更新」4,000円)
1級
(11月)
リスニング(選択・記述)
筆記  (選択・記述)
85点
85点
100点
100点
午後
1:40~3:40
8,500円
(「更新」4,500円)

※ 2005年4月に級の名称を変更しました。準2級→2級 2級→準1級

※ 出題はマークシートによる選択式の解答の他に、一部記述式問題を取り入れています。

※ 録音による中国語のリスニングがあり、とくに準1級・1級には中国語のリスニングと書き取りがあります。

※ 一次試験免除について(準1級・1級) 一次試験合格者が二次試験を欠席または不合格の場合,申請により次の2回の試験のうちいずれか1回に限り(1級は次回11月試験のみ)二次試験から受験することができます。
(一次試験免除者の二次試験受験料:準1級→4,000円/1級→4,500円)

※ 第65回試験から準4級の試験時間が変わりました。

※ 午前と午後の併願ができます。

※ 「更新」受験料は合格している級を再度受験する場合に適用します。

中国語検定レベル別

準4級 (学習時間60~120時間。中国語の学習準備が完了、即ち学習を進めていくための基礎的知識を身につけていること。)一般大学の第二外国語における第一年度前期修了,高等学校における第一年度通年履修,中国語専門学校・講習会等において半年以上の学習程度。基本語彙約500語(簡体字の書き方も含めて),ピンインの綴り方と読み方,基本文型,日常挨拶約50~80をマスターできたこと。
4級 (学習時間120~200時間。中国語の基礎をマスターできて、平易な中国語を聞き,話すことができること。)一般大学の第二外国語における第一年度履修程度。500~1,000の常用単語の意味の把握、漢字とピンインとの相互の表記がえ、またこれらの単語による簡単な中国語単文と日本語との訳し合いができること。
3級 (学習時間200~300時間。自力で応用力を養いうる能力を持つこと。即ち基本的な文章を読み,書くことができ、簡単な日常会話ができること。)一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。1,000~2,000の常用単語の意味の把握,漢字とピンインとの相互の表記がえ、またこれらの単語による中国語複文と日本語との訳し合いができること。
2級 (一般的事項のマスター。実務能力の基礎づくりを完成していること。即ち複文を含むやや高度の中国語の文章を読み,3級程度の文章を書くことができ、日常的な話題での会話ができること。)単語及び熟語・慣用句の日本語訳・中国語訳、多音語・軽声の問題,語句の誤用指摘,100~300字程度の文章の日本語訳・中国語訳。
準1級 (全般的事項のマスター。実務に即従事しうる能力を持つこと。即ち社会生活に必要な中国語を基本的に習得し,通常の文章の中国語訳・日本語訳及び簡単な通訳ができること。)
新聞・雑誌・文学作品・実用文等やや難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。
1級 (高いレベルで中国語を駆使しうる能力を持つこと。即ち講演・会議・会談等の翻訳・通訳ができるほどの高度な読解力・表現力を持つこと。)(1次)熟語・慣用句等を含む総合問題。時事用語を含む難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。(2次)中国人との会話及び通訳。

申込案内

中国語検定の申込むは以下の方法があります。
<個人の場合>
1)取扱書店や生協などに出向いて申込書をもらう。
⇒ 受験料を支払い、申込書に領収書を添えて投函。
取扱書店・大学生協
2)「中国語検定協会」のホームページからオンライン登録をする。
⇒ 必要事項を入力、写真を添付して送信。クレジットカード、コンビニ、
銀行などで受験料を支払う。
インターネット申込
3)協会窓口まで出向いて申込書をもらう。
⇒ 受験料を支払い、申込書を提出。
<団体の場合>
(10名以上の場合) 学校や会社単位の団体で申込むこともできます。団体は受験料が約10%の割引になります。高校生の場合約30%の割引。(海外は適用外)
<海外の場合>
北京、上海、西安、大連、広州、香港、シンガポールに申込むを受付ける機関があります。受付先と受験料の詳細は公式ページへ。

※注意事項

・申込上の注意

  1. いったん納入された受験料は,理由を問わず返還されません。
  2. 受験料のみ支払われても受験申込書が送付されていないと受付できません。
    受験料納入後は速やかに領収書と受験申込書を送付してください。
  3. 級・受験地の変更はできません。
  4. 視力・聴力障害等による座席変更の希望は,試験当日,試験監督にご相談 ください。
    特殊器具の使用など,特別な取扱いを必要とする場合は,事前に書面にて 申請してださい。
    医師の診断書が必要な場合もあります。
  5. 小学生以下の場合,一定レベルの日本語読解力を前提とした試験である ことを踏まえてお申込みください。試験中,他の受験者に迷惑をかける等,試験 実施に影響があると試験監督が判断した場合には退室していただくことがありま すので,保護者の方はご留意ください。

・試験当日の注意

  1. 試験の前に,携帯電話のアラームやスケジュールを設定している場合は解 除し,その上で電源を切ってください。マナーモードに設定している場合でも, 必ず切ってください。試験中、携帯電話や時計のアラーム等が鳴った場合は,迷惑行為とみなし失格となります。
  2. 時計を設置していない教室もありますので,必ず腕時計をお持ちくださ い。携帯電話・置時計を時計として使用することは禁止です。
  3. 天候・季節によって感じる室温は個人差があります。調整できる服装でご 来場ください。
  4. 試験当日の電話でのお問合せには応じられません。

公式ページ

一般財団法人 日本中国語検定協会