新型肺炎、2.7億人が自宅でオンライン授業へ

ナレーション切替:

2020年春节,一场突如其来的新型肺炎,蔓延全国。这次疫情是一只意想不到的“黑天鹅”, 对于所有的行业来说,既是短期的压力,也是行业格局变动的机会。因为哪里越有危险,哪里就越有机会。比如,03年的非典,京东把中关村的实体店铺搬到了线上,马云创立了淘宝。就是说,“没有非典就没有淘宝”。

学習版(スロー)
アナウンス版

2020年春節、突然やってきた新型肺炎が中国全土に蔓延した。今回の新型肺炎の流行は一羽の予期しなかった「ブラックスワン」で、すべての業界にとって言えば、短期的圧力であり、業界構造変動のチャンスでもある。なぜならリスクがあるところにほど、チャンスもあるからだ。例えば2003年のサーズ、「京東」は中関村(北京市)の実店舗をオンラインに移し、ジャックマーは「タオバオ」を創設した。つまり、「サーズがなければタオバオはなかった」ということである。

“学校到底什么时候开学”,这是眼下家长们最为关心的问题。教育部宣布2020年春季开学延期,并提倡“停课不停学”, 鼓励学生利用各类互联网平台在线学习。疫情给教育造成重大影响,在线教育却迎来意外的商机。

学習版(スロー)
アナウンス版

「学校は一体いつ始まるのか」、これが目下のところ保護者たちが最も関心がある問題だ。中国教育部は2020年の春期開学を延期、並びに「授業は休みでも、学習は休まず」と提唱し、学生が各種インターネットプラットフォームを利用して勉強することを奨励している。疫病状況は教育に重大な影響をもたらしているが、オンライン教育は思いがけないビジネスチャンスを迎えている。

在全国,因为停课而被迫接受线上授课的教师、学生众多,这无疑提升了在线教育的渗透率。国内一些科技巨头和教育公司也针对教育行业,为全国延迟开学的孩子们已开始免费提供在线课程,在线教育以前所未有的姿态受到关注。说不定疫情之下的在线教育行业会迈上一个全新的发展阶段。非典曾让“黑天鹅”展翅高飞,那么,这次它是否能再飞起来呢?

学習版(スロー)
アナウンス版

中国全土では、休校のためオンライン授業をすることを余儀なくされている教師、学生が多く、これが間違いなくオンライン教育の浸透率を引き上げた。中国国内の一部のハイテク大手や教育企業も教育産業に焦点を合わせ、全国の新学期開始が遅れている子供たちのために、すでに無料のオンライン講座提供を始めており、オンライン教育は従来にはない姿勢で注目を集めている。疫病蔓延の下、オンライン教育業界は全く新たなひとつの成長段階にまい進することになるかもしれない。かつて「ブラックスワン」はサーズで高く飛んだ。今回もスワンは再び羽ばたけるだろうか?