武大校长:未来十年中国部分高校面临破产危机

子供の減少で中国の大学は破産危機に

武大校长:未来十年中国部分高校面临破产危机

子供の減少で中国の大学は破産危機に“随着出生人口基数的下降,特别是随着18岁到22岁适龄大学生青年数量的减少,某些高校,特别是某些民办学校和独立学院离破产可能不遥远了。”全国人大代表、武汉大学校长顾海良最近对记者表示,中国高校的破产危机并非耸人听闻。今年,北京高考报名人数下降了20%,而上海已经连续3年出现报名人数不足的情况。随着计划生育政策的推进,我国加快了进入老龄化社会的脚步。数据显示,未来10年中国18岁~22岁的人口将减少约4000万人。生源减少会加剧高校的竞争和淘汰,没有特色或经营不善的学校会陷入困境。

アナウンス版 (10秒デモ音声、ログイン後続きを御聞きください)
放送のスピードで耳慣らし
...
このコンテンツは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

類似の時事ニュース教材

単語から探す時事ニュース教材