初めての超短文

中国語を長く勉強しても、いざ中国人の会話を聞くとほとんど聞き取れない、中国人は先生が教えた通りに話してくれない・・・。
会話自体は短いのに、聞き取れても意味がさっぱり・・・。
一体なぜこんなことが起きるのでしょう?

そうです!ネイティブが実際にする会話は、教科書の例文とは違い、省略する箇所がとても多く、短いのです。このような会話を、イーチャイナは「超短文」と名付けました。
「私はチョコレート味のアイスクリームを買います。」
中国語のテキストにはほとんどこのような例文がのっています。
でも想像してみてください。アイスクリームショップでチョコレート味のアイスを買うとき、みなさんは友達とこんな会話を交わしますか?

答えは「NO」です。
「チョコレートの!」
実際は、これだけで通じてしまうのです。 
このコラムでは会話のシーンを想定しながら、出来るだけ短い単語だけで「ネイティブが使う中国語」を学んでいきます。 フレーズにまつわる中国の現地・お役立ち情報なども一緒にお届けいたします。 難しい文法は割愛しているので、“発音の勉強を終えたばかり”の中国語ビギナーさんから気軽にお読みいただける斬新なコラムをめざしています。

なお、年々受験者が増えつつあるHSKに対応する模擬問題のミニテストがついていますので、HSK対策としてもお使いいただけます。

では、早速“ネイティブが実際に話す会話”「超短文」で、対話力をアップしていきましょう!----

「甜甜圈」ってなんだ?
大きく切ったケーキがほしい!
「銀聯カード」あなたは読めますか?
「爆買い情報」をどこで得ているのか?
どうする中国のホテル選び?!
危険な「ながら○○」していない?